新世界アフィリエイトレビュー

新世界アフィリエイトが難しく稼げない人の原因と解決策をまとめてみた

どうも、ナベヤンです。

新田祐士さんの新世界アフィリエイトはインフォトップでも殿堂入りするほど支持されている教材です。

その一方で、新世界アフィリエイトは難しいしなかなか難しくてうまく使いこなせないって言う人もたくさんいます。

実際に僕は新田祐士さんの東京の白金で募集されたコワーキングスペースに参加してみたところ新世界アフィリエイトや新田さんの抽象度の高いノウハウで迷っている人もそこそこいました。

実際に迷っている人と話した中で新世界アフィリエイトで成果が出ていない人の特徴がわかりましたので、本記事でまとめていこうと思います。

 

新世界アフィリエイトノウハウで「アフィリエイト」という言葉さえ知らない人に対してトレンドアフィリエイト教材の下克上∞を100本以上販売しました

(ちなみに成約率10%越え)

下克上∞100本

これは完全に新世界アフィリエイトのノウハウを使って出した実績です。ただし、僕もまだまだ新世界アフィリエイトの50%ほどの理解度です。

おそらく新世界アフィリエイトを全て理解してビジネスに繋げるには、新世界アフィリエイトだけでは厳しいと思われます。

本記事の内容
  • 新世界アフィリエイトで稼げない人は「オリジナルの世界観」にこだわりすぎている
  • 業界内で新しい世界観を打ち出すのは簡単ではない(MSPという概念)
  • 自分だけのオリジナルの世界観を打ち出すためにおすすめの書籍と教材の紹介

これらの三本立てとなります。なかなか新世界アフィリエイトのノウハウでうまくいかなかったという人はじっくり本記事を読んでください。

新世界アフィリエイトが稼げなかった人はモスバーガーを作った人

モスバーガー

新世界アフィリエイトが発売された当時は、レビューアフィリエイト全盛期でみんながこぞってレビューをして特典合戦がなされていた時代でした。

みんなが同じようなブログを書いて、みんなが同じような売り方をして、みんなが同じような特典をつける業界に一矢報いたのが新田祐士さんとだいぽんさんの新世界アフィリエイトです。

業界がみんな同じような売り方をしていました。そして新田祐士さんがそれを「街中がマクドナルド」と表現されていました。

街中がマクドナルドなのにマクドナルド出店する意味なくね? と。

このような業界の中で自分だけのオリジナルの世界観を打ち出す「新世界」を新田祐士さんとだいぽんさんが提唱されました。

新世界アフィリエイトが発売された当時のことはだいぽんさんのブログで書かれていました。

新世界の作り方は2つあります。これを新田祐士さんはマクドナルドとモスバーガーに例えられていました。

新世界の2つの構築方法

1.街の外にマクドナルドを作る
2.街の中にモスバーガーを作る

1はこれまでビジネスについて知らない人を業界の外から集めてくる手法です。一方で2はすでにある業界内部で新しい概念を打ち立てることです。

周りはマクドナルドだらけの中で自分オリジナルの世界観を打ち出すと言うのがモスバーガーです。

新田祐士さんはみんなが「稼げます!」としか言わず稼ぎ方だけにフォーカスして商品を販売していた業界でビジネス系の業界で情報販売やDRMのロジックを教育に生かし、全産業を教育産業にすると言う新世界を作られています

しかも、僕が新田祐士さんに初めて出会った2017年でも変わらずそれを打ち出し続けて、コワーキングスペース(今はカルチャースクールのような形をとっているようです。)2019年の現在ではなんと本当にビルに教育施設を作られています。

新世界アフィリエイトで稼げない人は無理にモスバーガーを作ろうとした人

モスバーガー

オリジナルの世界観っていうのを作ろうとしてこねくり回しいて1週間考えて出てくるもんじゃないんですよ。というかオリジナルの世界観って作ろうと思って作るものではないんですよ。

そこで、オリジナリティやユニークさに囚われまくったことで、どんどんドツボにはまって全く稼げなかった人が多くいるのです。

その一方で、街の外にマクドナルドを作るノウハウは自分のオリジナルの世界観を無理に作らなくてもできます。

なぜなら、業界の外の人を集めてきたら「自由になれます!」「稼げます!」でも十分目新しい情報だからです。

実は、僕が集めてきた読者と実際話してみると後から別の人にとんでもない金額を支払っていた

 

つまり、僕が業界を知らせて集客してきたものの別の人のところで大量のお金を使っていたと言うことです。

 

 

だからと言って自分だけのオリジナルの世界を作ることもかなり難しいのです。なぜなら、頭で考えて概念をこねくり回して考えて作るものではないからです。

マクドナルドだらけの街の中でモスバーガーを作る新世界の作り方は、いわば自分の人生全てを反映させたものでないとダメです。

そして、一度提示してしまったらそのあとなかなか変更することができないのです。

新世界アフィリエイトで稼げない人は「街の外にマクドナルド」から始めるべし

新世界アフィリエイトで稼げない人はまずは街の外にマクドナルドを作る、つまり「アフィリエイト」とか「副業」とかいかにもビジネスに興味がある層の外から読者を集めるようにするべきです。

 

そして、街の外からリストを獲得する仕組みを整えながら、自分を見つめ直すべきです

「自分だけの世界観」というのは、ネットビジネス大百科という新田さんが昔2000本以上販売されていたネットビジネス業界の最古のもっとも売れた教材に書かれています

MSPと言われています。そして販売者の木坂さんはこのMSPを作るのには1年掛けろと言われています。

 

僕は新世界アフィリエイトの存在を知ったのが2017年でそこから情報系のアフィリエイトを始めましたが問題なく今も使えます。というかブログのSEOとかTwitterのツールの使い方などのノウハウではないので、廃れるとかありません。考え方の教材ですからね。

そして稼いでいく中で自分だけの世界観(マクドナルドだらけの街の中でモスバーガー)を作っていくのです。

ネットビジネス大百科作者木坂健宣氏のいう「MSP」という概念

新世界アフィリエイトの中の自分のオリジナルの理想の世界は、木坂健宣さんが提唱しているMSP(Me Selling Proposition)とほとんど同義です。

似た表現でUSPって言うのがありますが、Unique Selling Propositionは商品がいかにユニークかと言う点です。しかし商品をウリにすると次の商品を打ち出すたびにUSPを打ち出さなければならないのです。

しかし、一方でMSPは「Me(自分)」なのです。世界中に一人しかいない自分が打ち出すポイントなので原理的に競争が生まれません。自分に共感する人と言う独占市場になるのです。

木坂健宣さんとは?

新田祐士さんが2000本以上販売した教材ネットビジネス大百科の作者。ネットビジネス大百科は2007年から発売以降5万本以上売れている超王道教材。

以前は新田祐士さんと木坂健宣さんは一緒に組んでセミナーを開催したり、対談音声を配布したりしていました。新田祐士さんのブログにも木坂さんと寿司を行った話が掲載されています。

参考:木坂健宣さんがいかに変態であるかという件について(新田祐士さんのブログ)

新田祐士さんも自分の世界観のことを「MSP」と表現されていることが多いです。そして、このMSPを作り上げるのがかなり難しいのです。

というのも、人生の軸っていうのは概念をこねくり回して作るものではなく、生き方全てだからです。考えて出てくるものではありません。

新田さんの真似をして教育産業化とか言ったところで新田さん以外には意味がない言葉なのです。しかし、新田さんのコミュニティに一度でも入った人はわかるでしょう。

新田さんのMSPに共感した人が次々に協力をして、新田さんの理想に協力する人がたくさんいるのです。

なので、新世界アフィリエイトの自分だけのオリジナルの世界観を作るメリットはかなり大きいです。ですが、だからと言ってなかなか簡単に作れるものでもないのです

オリジナルの世界観(新世界)≒MSPを作る上でのおすすめの教材と書籍

新田祐士さんの言葉を借りると

世界観(MSP)を作る、と言っても、
全く新しいものをイチから創造するわけではないのです。

どちらかと言うと、バラバラになっているピースを、
パズルのように組み立てていく感覚です。

そしてこれは、エネルギーレベルが上がれば、
勝手にできるようになります
出典:複雑系ビジネスモデルとスピンオフストーリー戦略

勝手にできるというところが実はなかなか難しい。作ろうとして頑張って作れる方がまだましだと僕は感じました。

MSPって概念をこりくりまわして作り上げるものではないからです。これまでの人生にヒントが隠されています。

もっとわかりやすい言葉で言うと、自分の人生の軸みたいなものです。これまでの人生を抽象化して自分の人生の軸を見つけ出す必要があります。

イメージとしては下のような画像です。

これはふと気がつく時が来ると言うように以前新田祐士さんと木坂健宣さんが話していたのを聞いたことがあります。

これは以前新田祐士さんが公開されていた「帰ってきた変態シリーズ」で話されている内容です。

自分の人生を

メモの魔力をお勧めします。

 

 

また、当然のことながらMSPのことを学びたいならMSPを提唱している人から学ぶのが一番早いです。

木坂さんからMSPを打ち出したコミュニティ化を学ぶことができるのがネットビジネス大百科2です。

ネットビジネス大百科は和佐大輔さんと木坂健宣さんの共同開発教材なのですが、2007年から発売されている教材です。スマートフォンがないような時から2018年まで販売されていました。

 

それが大幅リニューアルされて2019年になんと無料で配布されるようになりました。おそらく新世界アフィリエイトで「自分の理想の世界」を作れなかった人にとって大きなヒントになると思います。

さらに、これからのビジネスにおいて

ネットビジネス大百科2のレビュー

特典付きで無料ダウンロードする